【初期費用が抑えられるのが魅力】オフィスデスクならレンタルしよう

快適なオフィス環境とは

清掃の行き届いたオフィス

掃除

毎日仕事をするオフィス環境が快適であってほしいと思う方は少なくはないでしょう。
快適なオフィスの要素のひとつに、オフィス清掃が行き届いているといったこともあげられます。
オフィス清掃と一言でいっても、オフィスの形態にもいろいろあり、自社ビルであったり、レンタルで一室を借り受けたり、賃貸で社屋を持ったりと様々です。
どのような形態で使用しているオフィスの場合も、オフィス清掃はその場所を利用している企業が行うことが一般的です。
ビルの一室を借り受けている場合には、そのビルの共有部分はビル管理会社が請け負っていることも多いでしょう。
自社ビルの場合にはトイレや廊下、階段などの業務を行っているオフィス内以外の部分においても気を配る必要があります。
なお、オフィス清掃の重要性は、働いている社員が快適に働くことができるという意味だけではなく、来客への印象をよくする、会社の信用性を図る意味でも重要となります。
その為、経費削減を意図してオフィス清掃を社内の人間が行うこととしている企業もありますが、すべての部分を社員が行うといったことはお勧めできません。
小さなオフィスであればある程度の部分は社員が行うことも可能ですが、規模が大きい企業では業務に支障が出ることもあります。
また、窓清掃や床のワックスを剥離して塗り替えるなどの作業は、専門の業者に委託するほうが安心です。
専門の業者に定期的に清掃を委託することで、オフィス清掃の行き届いた環境を維持することが容易になります。

定期的に依頼

スポンジ

社員が10名前後の中小企業の場合には、オフィスやトイレの清掃を、スタッフが交代で行うケースが一般的です。
しかし社員が持ち回りで掃除をする場合には、汚れが完全には落とせないために、専門業者に委託するとよいでしょう。
大企業向けにオフィス清掃のサービスを提供している業者は料金が割高ですが、中小企業向けの業者は料金がリーズナブルなので依頼しやすいです。
ビルが林立するオフィスエリアでは、様々なオフィス清掃業者がサービスを提供しているので、まず最初に複数の業者に見積もりを依頼するべきです。
そして見積もりの内容を精査して、手ごろな料金で質の高いサービスを提供している業者を選ぶのが、低予算でオフィスの美観を維持するコツです。
また限られた予算を有効に活かして、オフィス清掃サービスを利用したい場合には、訪問見積もり時に業者からアドバイスを受けるべきでしょう。
掃除に関する日常的な悩みを、オフィス清掃業者に伝えることが、満足度の高い清掃プランを提案してもらう最善の方法です。
特にトイレや洗面所の汚れや臭いで悩んでいるケースが多く、水回りを中心とした定期訪問清掃サービスのプランが好評です。
年間を通して、快適なオフィス環境を実現するためには、空調設備のメンテナンスを十分に行うことも重要です。
季節の変わり目にエアコンクリーニングを依頼すると、空調設備に付着したホコリなどを除去して、快適なオフィス空間を維持できるでしょう。

料金や質と評判がポイント

清掃用品

自社のオフィスをきれいに保つことは、社員の士気や訪問客など外部からのイメージに好影響を及ぼすので大切です。
そのため、オフィス清掃業者と定期作業の契約をしているケースが少なくありません。
複数の業者から選ぶ際、費用面での負担は重要な条件となるでしょう。
そこでは、費用を抑えることだけでなく、あくまでサービスの内容や質とのバランスがとれていることが大切です。
いくら安くても、サービスに満足できないのであれば意味がありません。
質を保つにはある程度のコストがかかりますので、そのことを頭に入れておくことが必要になります。
また、業者自身が全てのオフィス清掃作業を行うのか、下請けに任せるのか、も料金に影響します。
フランチャイズ形式の場合も、ロイヤリティなどが価格転嫁されることが多いです。
一般的に自社で全て行うほうが、マージンなどが発生しないため割安で、質も保たれている傾向があります。
ただし、下請けやフランチャイズである場合でも、教育や研修が徹底している業者であれば、良質のサービスが受けられます。
このあたりの評価は、実際利用してみないとわからないことも多いですから、口コミなど生の情報から、判断することをおすすめします。
定期的なオフィス清掃は、料金がはっきりと明確に提示されていることは少ないです。
多くの場合、実際に現場を視察してもらい、見積もりを出してもらうことになります。
利用者の評判、見積もりの明朗さなどを判断材料に、安心して契約できるオフィス清掃会社を選びたいものです。

快適なオフィス環境とは

掃除

オフィス清掃は、オフィスの利用形態や規模によって方法が異なっています。清掃を社員がおこなっている会社もありますが、最低限として窓の清掃や床のワックスといった部分においては専門業者に委託した方がよいと言えるでしょう。

もっと読む

社風を反映して

オフィス

オフィスデザインは社風の反映と社員の志気を向上させるために重要なポイントです。ブランディングにもつながります。コンセプトをしっかり決めるのがポイントで、ブランドカラーがあればそれを採用するとよいでしょう。そうでなくても、テーマカラーを決めるとまとまりやすくなります。

もっと読む

用途に合うものを使う

男性と女性

オフィスデスクはコンパクト化してきています。コワーキングスペースで仕事をする人も増えてきているからです。一方、席を決めずに大きなテーブルで自由に仕事をするというスタイルの企業もあります。用途に合うオフィスデスクを用意しましょう。

もっと読む