【初期費用が抑えられるのが魅力】オフィスデスクならレンタルしよう

用途に合うものを使う

コンパクト化している

男性と女性

オフィスで使うものの一つに、オフィスデスクがあります。
一人一台、会社から提供されることもありますが、最近はそうでもありません。
というのも、営業職の人などはほとんど会社に居ないからです。
一台ずつ用意しても無駄になってしまうことがあります。
そこで、オフィスデスクは誰でも使えるように大きなテーブルなようなものを置いている会社も増えてきているのです。
会議室に置いてある大きなテーブルを想像してみましょう。
これなら、使いたい時だけ使いたい人が自由に使えるので、とても効率的です。
逆に、コンパクト化しているオフィスデスクもあります。
多くの企業ではパソコン作業をするためだけにオフィスデスクを使うことがあるからです。
それなら、パソコンが置ける程度のスペースがあるだけでいいので、オフィスデスクも小さくすることができます。
特に、ノートパソコンで仕事をするのなら、それほど大きなデスクは要りません。
コワーキングスペースが流行ってきているように、オフィスでも各自の小規模なスペースさえ確保できれば仕事ができるようになってきています。
もちろん、設計事務所などのように、広いスペースがないと模型や設計図などを置けないという職種もあります。
よって、職種や仕事内容によってオフィスデスクの大きさも違ってきます。
用途に合うものを利用しましょう。
オフィスデスクを専門的に販売している業者にオーダーしてみるのもいいかもしれません。
必要な大きさや形状で作ってくれることがあります。

ポイントを押さえて選ぼう

女性

オフィスデスクを新しく選ぶ場合、仕事の内容や自分に合ったオフィスデスクを選ぶことが大切です。
オフィスデスクの重要性は、作業内容やワークスタイルによって大きく異なります。
外回りメインの仕事の場合、デスクを使用する頻度が少ないため小さいサイズのデスクで事足ります。
しかしデスク作業メインの場合は、どれだけオフィスデスクを居心地の良いものにするかというだけで、作業効率などに差が出る場合があります。
このようにオフィスデスクには大きな役割があり、オフィスデスクを選ぶポイントはいくつかあります。
まず色に関してですが、オフィスデスクの色はフロア全体のイメージとなる大切なものです。
ホワイトはフロア全体を広く見せ、すっきりとした印象を与えます。
そして、ブラウンなどは、落ち着いた雰囲気を出すことができます。
オフィスデスクの色は、作業する際にも影響するものなので、作業内容などによって色を決めることが大切です。
次にオフィスデスクのサイズに関しては、作業内容によって大きさを決める必要があります。
パソコンのモニターを二つ置くなどといった場合は、それなりに広さのあるサイズを選ぶ必要があり、狭いサイズだと作業に影響を及ぼすことがあります。
このようにオフィスデスクを選ぶポイントを抑えたうえで、作業内容やワークスタイルに合ったデスクを選ぶことが、オフィス全体の効率や能率を上げる大切なものとなります。
このように、デザイン性と作業効率を同時に考える場合、オフィス家具やオフィス機器を取り扱っている専門の業者を利用するとよいでしょう。
そのような業者は、オンラインでも商品を販売していることが多いのでチェックしてみましょう。

机の広さと収納の大きさ

オフィスデスク

きちんと選択する事で仕事の能率が上がるといわれているオフィスデスクの導入は、社内との相性によって大きく異なるでしょう。
物が置きっぱなしで収納も何が入っているのかわからない乱雑な状態の場合、平机と呼ばれる、収納の一切ない机が便利です。
社員に私物を置かせない、物を置いてそのままにせず、整理するか処分するか明確にさせる事で、整理された空間を保てるでしょう。
結果としてその後のビジネスに役立つ資料をすぐに取り出せる環境にできるため、仕事の能率をアップできるきっかけとなります。
一番価格の安い片袖机や、両方に収納がある両袖机は、個人で保管したほうがよいビジネスの資料や顧客情報があるときには便利です。
但し作業スペースが少なくなるため、製図や机上の書類整理をはじめ、机を広く使う人に片袖は向いていません。
固定のオフィスデスクを持たず、多人数が机を使用する事を踏まえて活用する机として、フリーアドレスデスクがあります。
個人の収納はまったくありませんが、机をスマートに使える事、収納を置かないためスペースに余裕のある事がメリットです。
パーツが独立しているオフィスデスクもあり、社員ごとに好みのパーツを組み合わせて利用する事が重要といえます。
但し単価が高額となるため、自社で導入する場合、単価と予算を確認し、納得できる物を選んでください。
それぞれにメリット・デメリットがありますが、オフィスの予算とオフィスデスクの大きさ、空間の使い方を踏まえて購入する事が、仕事の効率を高めるポイントです。

快適なオフィス環境とは

掃除

オフィス清掃は、オフィスの利用形態や規模によって方法が異なっています。清掃を社員がおこなっている会社もありますが、最低限として窓の清掃や床のワックスといった部分においては専門業者に委託した方がよいと言えるでしょう。

もっと読む

社風を反映して

オフィス

オフィスデザインは社風の反映と社員の志気を向上させるために重要なポイントです。ブランディングにもつながります。コンセプトをしっかり決めるのがポイントで、ブランドカラーがあればそれを採用するとよいでしょう。そうでなくても、テーマカラーを決めるとまとまりやすくなります。

もっと読む

用途に合うものを使う

男性と女性

オフィスデスクはコンパクト化してきています。コワーキングスペースで仕事をする人も増えてきているからです。一方、席を決めずに大きなテーブルで自由に仕事をするというスタイルの企業もあります。用途に合うオフィスデスクを用意しましょう。

もっと読む