【初期費用が抑えられるのが魅力】オフィスデスクならレンタルしよう

オフィス家具の知識

レンタルを活用しよう

男性

オフィスデスクなどのオフィス家具を新しくする場合、新規で購入・中古を購入・レンタルなどの方法があります。
費用を少しでも抑えたいという場合は、オフィス家具のレンタルがお勧めです。
オフィス家具を専門としているレンタル会社であれば、オフィスデスク・椅子・パーテーション・ロッカー・棚など様々なオフィス専用の家具をレンタルすることができます。
オフィス家具の全てをレンタルしなくても、オフィス家具のいくつかをレンタルにするだけでも費用を抑えることができます。
オフィスデスクなどのオフィス家具をレンタルすることで、資産登録などの作業の手間を減らすことができます。
また必要となった場合はすぐレンタルでき、不要となった場合は返却すれば良いだけなので、様々な作業の手間を減らすことができるというメリットがあります。
オフィスデスクなどは、人が増えた場合すぐに必要となるものです。
この場合もレンタルであれば、すぐに用意することができます。
レンタル費用に関しては、オフィス家具のレンタルは基本的にレンタル期間が長いほど費用は安くなります。
オフィスデスクなど長く使うものはレンタルして、イベントや会議など短期間でしか使わないようなものは購入するという方法も良いでしょう。
このようにレンタル家具を賢く使うことで、大幅に費用を抑えることができ、様々なメリットもあるため起業などで新しくオフィスをかまえる方に人気の方法となっています。

重視する機能を決める

デスク

オフィスデスクにはいろいろな種類があるので、購入する時には迷うことがあります。
自分の重視する機能をまず決めてから、オフィスデスクを選びましょう。
スチールデスクと呼ばれる種類のオフィスデスクがあります。
この種類は、丈夫で耐久性があります。
オフィスデスクを長い間使うつもりなら、スチールデスクにしましょう。
ワークデスクと呼ばれる種類もあります。
ワークデスクは使いやすさに重点を置いたデスクです。
事務的な仕事の多い職場だったら、この種類がお勧めです。
サイドデスクと呼ばれるものがあり、これは収納に使われます。
メインのデスクの横に置いて、使用します。
仕事で重要な書類を多く取り扱い、それを保管する場所が必要な時は、サイドデスクも購入した方が良いでしょう。
フリーアドレスデスクと呼ばれるユニークなデスクも、最近は使われるようになります。
このデスクには、仕切りがないと言う特長があります。
仕切りがないので、椅子を自由に移動させることができます。
このタイプのデスクだったら、チームワークを必要とする職場に適しています。
一つのデスクを複数の人で共有できるので、会議にも向いています。
研修用のデスクもあります。
このタイプは、大きな企業に向いています。
従業員が新しく入ってくる時に使うと、効率が上がります。
コストがやや高くなりますが、会社の生産性を上がるためには、必要なデスクです。
会社を設立した時は、それほど必要ありませんが、会社の業務が拡大すると必要になってきます。

様々なタイプがあります

オフィス

オフィスを開業するためには様々な備品やオフィス家具が必要となりますが、特にオフィスデスクは欠かすことのできない大切な存在です。
オフィスデスクの選び方次第で仕事の効率も変わってきますので、適当に選んでしまわずじっくりと比較して最適なものを選びましょう。
まずオフィスの広さをよく合っていることが大事ですので、サイズはしっかりと確認しておきます。
オフィスとオフィスデスクが調和していることも大事ですので、デザインやカラーもオフィスの雰囲気と合うものを選びたいところです。
書類を使った事務作業が多い場合は、作業スペースが広いほうが良いですし、収納部分も多いと整理もしやすくなります。
そして、オフィスではパソコン作業を行うことも多いので、パソコンを設置する場合はオフィスデスクも奥行きのあるものを選んでおくことがおすすめです。
作業スペースは広いほうが仕事はしやすくなりますが、あまりに大きなものを選んでしまうと通路が狭くなるなどの問題も出てきます。
さらにデスクは長く使っていくこととなりますので、気に入ったデザイン、使いやすいタイプのものを選ぶことはもちろん、耐久性が優れているかもよくチェックして選んでいきましょう。
オフィス家具は実際にお店で見て選ぶのも良いですし、最近は通販も良い商品を販売しているお店も増えています。
通販で購入する際はサイズは間違いのないようしっかり確認しておくこと、設置や組み立てなどにも対応しているかも調べておきましょう。

快適なオフィス環境とは

掃除

オフィス清掃は、オフィスの利用形態や規模によって方法が異なっています。清掃を社員がおこなっている会社もありますが、最低限として窓の清掃や床のワックスといった部分においては専門業者に委託した方がよいと言えるでしょう。

もっと読む

社風を反映して

オフィス

オフィスデザインは社風の反映と社員の志気を向上させるために重要なポイントです。ブランディングにもつながります。コンセプトをしっかり決めるのがポイントで、ブランドカラーがあればそれを採用するとよいでしょう。そうでなくても、テーマカラーを決めるとまとまりやすくなります。

もっと読む

用途に合うものを使う

男性と女性

オフィスデスクはコンパクト化してきています。コワーキングスペースで仕事をする人も増えてきているからです。一方、席を決めずに大きなテーブルで自由に仕事をするというスタイルの企業もあります。用途に合うオフィスデスクを用意しましょう。

もっと読む